space×drama2016の感想を様々な視点で載せていきます 。300文字以上の感想を各劇団が書いていきます。皆様もコメント欄に是非お書き下さい!


by spacedrama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

♪By the rising of the moon, By the rising of the moon♪ (笑の内閣 由良)

芝居なんてのは夜に観るものだと思っている。
お天道様がいつも変わりばえしない姿でギラリと睨みを利かせている昼の世界と違って、薄暗い舞台の上は何が起こっても許される解放区だ。
毎日の面倒なことは忘れてホッと一息。別に何かが変わるわけではないけれども、少なくともちょっとした気晴らしになる。
今回はそんな芝居だった。

幕が上がると、そこは場末の酒場だった。
酒の勢いで気の緩んだ客たちが繰り広げる悲喜こもごも。
そこら辺を歩いてそうな普通の人たちが飲んで騒いで、一見何かが起こりそうで、結局は何も起こらない。
どこにでもありそうな何気ない風景なのに、それがなぜだかとてもドラマチック。
ふと立ち寄った飲み屋の、となりのとなりくらいの席で騒いでいる客たちの話に、つい聞き耳を立ててしまうみたいな気分で、夜が明けたら、この連中はまた日々の生活という戦場に戻っていくんだなと、しみじみ見入っていました。

劇場を出て、そういえば今日は満月だったと思い出す。
駅までの道すがら、ゴチャゴチャした界隈をフラフラ歩きながら、誰にともなくエールを送るみたいにThe Rising of the Moonを口ずさみ、ビルに覆われてよく見えないが、どこかで照っているはずの月を探してみる。
そんな夜です。

♪教えてくれショーン・オファーレル 集合場所はいったいどこだ
川の端のあの場所さ みんな知ってるだろう
口笛で行進曲を吹いて合図しろ 肩には槍を担いでな
月が昇ったら出発だ♪
[PR]
by spacedrama | 2015-06-06 10:56 | s×d2015 | Comments(0)