space×drama2016の感想を様々な視点で載せていきます 。300文字以上の感想を各劇団が書いていきます。皆様もコメント欄に是非お書き下さい!


by spacedrama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

無名劇団「無名稿 機械」(劇団カメハウス 服部)

舞台美術がとても美しいと思った。
舞台背後の曼荼羅や大きな歯車、両サイドに設置されたとても高い木製の靴棚と飾られる様々な種類の靴。
始まる前から圧巻してしまった。
それほどに迫力があり、観客の期待を高めたのではないかと思う。
物語は、横光利一「機械」をモチーフにした作品であるらしいが、失礼ながら、文学作品には滅多に手を出さないため知識無し。
その状態で観劇したためか、少し退屈してしまったが、それでも素晴らしいと心から思った。
作品中のパフォーマンス、とても良かった。
舞台上を縦横無尽に動き回る役者達は観ていて気持ち良かった。
個々の評価は僕の中でもとても高い。
だが、作品全体を通しての総評価は、高いのは高いが、恐れ多いが、どこかズレていると感じてしまった。脚本と演出の意図、方向性が違うのではないかと。脚本の完成度は高いし、演出も良かったと思えたのだが、これらをかけ合わせての結果がどうにも僕の中では違和感というモヤっとしたものが最後の最後まで残ってしまった。
しかし、それでもすごいと思えたのだから一体なんなんだろうという自問自答の繰り返し。
この感想を書くにも、何度言葉を綴っては消して綴っては消しての繰り返しだった。
結論として、違和感は感じたが、それでも始まる前に抱いた期待は裏切りはしなかった。

無名劇団の皆様、お疲れ様でした。

劇団カメハウス
服部雁之助

[PR]
by spacedrama | 2016-06-18 19:25 | Comments(0)